HOME » 中学生の効率的な勉強の仕方&ベストな勉強時間 » 中学生の苦手な2大科目克服法 英語編

中学生の苦手な2大科目克服法 英語編

多くの中学生が苦手だと感じている英語。どのように勉強すれば確実に成績がアップするのか、効率のよい学習法について簡単にご説明しましょう。

「受験まで時間がない!」と焦り気味のお子さんも、やればやるほど点数が伸びるかもしれませんよ!

英語力の基本は“単語力”にあり!

英語を理解するために最も必要なものは、覚えている単語の量だと考えましょう。英単語の意味をたくさん覚えていれば、文法が多少理解できなくても長文の内容を推測することができます。単語をいかに効率よく確実に覚えていくか、その方法を自分なりに工夫したり、家庭教師に指導してもらうことで、英語の基礎力が格段にアップするでしょう。

高校受験で必要とされる単語には、ある程度の傾向があります。受験に出る単語ばかりを集めた参考書を1冊用意して、その中に出てくる単語をすべて覚えること。古典的な方法ですが、小さな単語帳に1語ずつ記入して常に持ち歩き、時間があったらペラペラめくって覚えるのが最も効果的な暗記法です。

文法は例文を丸ごと暗記で理解せよ!

文法は、その法則だけを切り取って覚えようとしてもなかなか頭に入りません。文法を単語と同じように覚えても、使い方が分からないままなのであまり意味がないのです。

そこで、英文法を確実にマスターするためには文章で覚えてしまうことが重要。教科書や参考書には、具体的な例文を使って説明されているはずですから、その例文ごと覚えてしまうのが賢いやり方です。書店へ行けば、入試によく出題される英文法のまとめテキストのようなものがありますから、それを例文ごと1冊まるまる覚えてしまいましょう。

長文の問題を読んでいて、暗記している例文と重なる箇所にハッと気が付くようになったら、英文法完全マスターへの道は遠くありません。

長文読解をひたすら繰り返すことが点数アップへつながる!

英単語の知識も徐々に付いてきて、文法も理解できるようになったら、入試の過去問などを用意してひたすら長文読解を繰り返します。最初は全く解けなくて落ち込んでしまうのですが、入試には慣れが肝要。何度も繰り返しているうちに問題に目が慣れ、長文を理解できるようになってきます。

長文読解を攻略するコツは、本文よりも問題文を先に読むこと。問題で訊ねられていることを知ってから本文を読むと、キーワードがうっすらと浮き上がって見えてくるからです。正解を探しながら本文を読めば、時間短縮にもつながります。

入試の英語は、ただでさえ時間が足りなくなってしまうことが多く、長文読解にゆっくりと時間をかけられません。コツをつかんで効率よく読んでいく訓練を繰り返しておけば、確実に高得点を取ることができるようになっていくはずです。

家庭教師から受験英語のコツを学ぼう!

英会話力があることと、受験の英語で高得点を取れることは少し違います。受験英語は日常会話とは異なり、独特のテクニックが必要だからです。この受験テクは、学校だけでは身に付かないもの。学校の先生は、要所の内容は指導してくれても、受験テクニックまではなかなか手が回らないからです。そんなときに役立つのが、学習塾や家庭教師。中でも、家庭教師は1人1人のお子さんの状況に沿って指導してくれますし、自らの経験を踏まえて受験テクニックを授けてくれます。

英語1教科のみ家庭教師の指導を受けるだけでも、かなり効果があります。それは、『苦手科目を克服→自信につながる→ほかの科目もやる気が出る』といったサイクルで、ほかの4教科の成績アップにもつながる可能性が高いからです。苦手科目を克服した経験は、お子さんを精神的に大きく支え、受験を乗り切る力になります。英語1教科だけでも、家庭教師の指導を受けてみてはいかがでしょう。

家庭教師診断テスト

質問に答えて、ウチの子に合うた家庭教師を診断!

ほな、診断はじめるで!